三寒四温とはいうものの

暖かかい日が続いたと思ったら、雪がちらつくほど寒くなったり、体調管理が難しい時期ですね。
今日は風も強くて寒くなりましたが、明日あたりからは暖かくなるようです。
靖国神社では桜も開花したというニュースもあり、そろそろ衣替えの季節。
一気に冬物を出してしまうと、急に寒くなる事もあるかもしれませんので、まずはダウンなどの真冬に着るものから、何回かに分けてクリーニングに出されるといいかもしれません。

明日は彼岸の入り、20日(金)は春分の日で祝日のためお休みいたします。
なお、世間は3連休のようですが、当店は21日(土)も通常営業いたします。

お直しについて

クリーニングだけではなく、服のお直しについても対応させていただいておりましたが、お願いしていた修理屋さんが廃業することになりましたので、7月末日をもってお直しの受付は終了させていただきます。
ちょっとしたほつれやボタンの取り付けなどはさせていただきますが、ウエストのサイズ直し等はお受けできませんご了承ください。

そろそろ衣替え

お彼岸のお中日3月21日(木)は祝日のためお休みさせていただきます。

暑さ寒さも彼岸までといいますので、そろそろ衣替えですね。
冬の間に着用したものをそのまま次のシーズンまで放置しておくとカビや虫食いの原因になりますので、きれいにクリーニングしてからしまいましょう。

なお、来月より現金に加え、PayPayでの決済にも対応する予定です。

目立たぬうちに洗濯

服は着用することでホコリや皮脂などの汚れが付着します。
汚れがまだ目立たぬうちにクリーニングに出していただけると、汚れも落ちやすく、いつも清潔な服を着ているイメージを与えることができると思います。

自分で着ていて「汚れが目立ってきたな」と感じる状態は、他人からは「汚い服を着ている」と見えていると思った方がいいでしょう。

クリーニングに出し忘れていませんか?

夏祭りや花火大会、盆踊りなどで浴衣を着てそのままにしていませんか?
汗をかいた衣類をそのままにしておくとカビや黄ばみの原因になります。
そうなってからクリーニングに出すと、通常の洗いでは落としきれず、染み抜き代や特殊クリーニングの料金がかかってしまうこともあり、服は傷むし料金はかさむしといいことがありません。
着用後は速やかにクリーニングしましょう。

冬物クリーニング

今年は例年よりも冬物が多く感じます。
冬がだいぶ寒かったらでしょうか。

今年は寒い日の後に急に暑くなったり、また肌寒くなったりと繰り返し、お客様も衣替えのタイミングが難しかったようで冬物のクリーニング時期が例年より遅いかなと感じます。
タイミングがズレることにより、クリーニングに出し忘れることのないようにお気を付けください

「とりあえず」の衣替え

夏日になったり気温が下がったり忙しいですね。
冬物がなかなか出せないというお客様の声も聞きます。
このような時はまとめてではなく、とりあえず厚手のものから徐々にクリーニングに出されるのがよろしいかと思います。

2段階の衣替え

先日の新聞に毎年衣替えを2段階でやっているというコラムが掲載されていました。
まず、暖かくなってきたら厚いコートやダウンをクリーニングに出し、季節が変わってからそれ以外の冬物をクリーニングに出すと急な冷え込みにも対応できるし、クリーニング代金の負担も分散できるという内容でした。
今年のように急に暑くなったり、はたまた寒くなったりする場合には特に有効な方法かもしれませんね。

桜の季節

先週、春分の日には雪が降ったと思ったら、今週は急に気温上がりました。
桜も咲き始めたかなと思ったら、一気に開きましたね。
日中は暑いくらいで半袖という方も見かけますが、さすがに朝晩は少し冷えます。
しかしもう厚いコートやダウンジャケットなどは必要ないのではと思います。
今年の冬は寒さが厳しく厚手の上着も大活躍したことでしょう。
きれいにクリーニングして、次のシーズンに気持ちよく着用できるようにしておきましょう。

今日から3月

昨夜からの雨があがった後は晴れて気温も上がりましたね。
今日の天気は例外としても、これから徐々に暖かくなってきますね。

今年の冬は例年よりも寒く、コートやダウン、マフラー、手袋などが大活躍したのではないでしょうか。
暖かくなり使わなくなった防寒着はそのままにしておくと傷みの原因になります。
しまう前に必ずクリーニングをしましょう。

冬物はかさばるので、暖かくなってからまとめてクリーニングに出すよりも、今のうちから少しずつ出すのがおすすめです。