洗濯表示が変わってます

昨年末に新聞やテレビなどでも取り上げられていたのでご存じの方も多いと思いますが、衣類に付いている洗濯表示が変わりました。


↑今まではこのような記号を使用していました。

それが平成28年12月1日よりこのような記号に変更になりました。
(ブレてる画像ですみません)

むむむ。
種類も22種類から41種類へとほぼ倍に増えました。
正直なところ今までの記号のほうがわかりやすいです。

ですが、今まで使っていた記号は日本独自(JIS)のもの。
新しい記号は国際規格(ISO)なのですね。

そして、今までは「こうしたほうがいいよ~」という推奨表示だったのですが、新しい記号は「これ以上やったらどうなっても知りませんよ~」という上限表示になりました。

私たちクリーニング業など衣類に携わっている人間はよく見る表示ですが、それ以外の方はほとんど気にすることなく過ごしているかと思います。
服を購入する時などに「この服はどうやって洗濯するのかな?」と疑問に思ったら、ちょっと見てみるといいかもしれません。
日本の服はだいたい体の左側に付いています。

詳しい記号の説明は消費者庁のWEBサイトまたは、「新しい洗濯」で検索してみてください。

クリーニングギフト券(水色)の払戻について

水色のデザインのクリーニングギフト券には有効期限の記載がありません。
実はその水色のクリーニングギフト券は平成28年11月30日をもってお取り扱いを終了しておりますので、ご注意ください。

取り扱い終了にともない、平成29年3月10日まで払い戻しを行っております。
水色のクリーニングギフト券をお持ちの方はお忘れにならないようお気を付けください。
詳しくは店頭のポスターまたは全国クリーニング生活衛生同業組合連合会のWEBサイトをご確認ください。

なお、オレンジ色のクリーニングギフト券については今まで通り、記載の有効期限までご利用になれます。