年末年始の営業について

12月24日(月曜日)はお休みさせていただき、年内は、12月31日まで営業いたします。
ただし、大晦日は少し早仕舞い(19時頃?)をするかもしれませんので、ご了承ください。

年内仕上げは、12月28日までにお持ちいただけば12月31日にお渡しできると思いますが、余裕を持ってお持ちいただけると助かります。

なお、学生服に関しては優先的にお取り扱いいたしますので、ご相談ください。

新年は1月5日(土)より営業いたします。

目立たぬうちに洗濯

服は着用することでホコリや皮脂などの汚れが付着します。
汚れがまだ目立たぬうちにクリーニングに出していただけると、汚れも落ちやすく、いつも清潔な服を着ているイメージを与えることができると思います。

自分で着ていて「汚れが目立ってきたな」と感じる状態は、他人からは「汚い服を着ている」と見えていると思った方がいいでしょう。

クリーニングに出し忘れていませんか?

夏祭りや花火大会、盆踊りなどで浴衣を着てそのままにしていませんか?
汗をかいた衣類をそのままにしておくとカビや黄ばみの原因になります。
そうなってからクリーニングに出すと、通常の洗いでは落としきれず、染み抜き代や特殊クリーニングの料金がかかってしまうこともあり、服は傷むし料金はかさむしといいことがありません。
着用後は速やかにクリーニングしましょう。

冬物クリーニング

今年は例年よりも冬物が多く感じます。
冬がだいぶ寒かったらでしょうか。

今年は寒い日の後に急に暑くなったり、また肌寒くなったりと繰り返し、お客様も衣替えのタイミングが難しかったようで冬物のクリーニング時期が例年より遅いかなと感じます。
タイミングがズレることにより、クリーニングに出し忘れることのないようにお気を付けください

「とりあえず」の衣替え

夏日になったり気温が下がったり忙しいですね。
冬物がなかなか出せないというお客様の声も聞きます。
このような時はまとめてではなく、とりあえず厚手のものから徐々にクリーニングに出されるのがよろしいかと思います。